あの子の美肌の秘密

某大手美容皮膚科に勤める女による、美肌になるための情報まとめ

皮膚科で取り扱いがあるニキビ化粧品ランキング

f:id:acneclinicinfo:20160921164643j:plain

  

「皮膚科に通っているから大丈夫…」というのはかなり勿体ないことです。

 

皮膚科の先生曰く、皮膚科やクリニックに通院すると同時に、家でのセルフケアもしっかりと見直す必要があるだそうです!

 

セルフケアを怠ってしまったり、刺激の強い化粧品を利用し続けていると、せっかく先生から処方されたお薬や治療の邪魔になりかねません…。

 

 そこで管理人(みーたろ)がお勧めされたのが、皮膚科で取り扱いのある化粧品を使用してみることです!

 

皮膚科で取り扱いのある化粧品を使用するメリットとしては:

  • 安心の低刺激処方の化粧品が多い
  • 余計な添加物を配合していないものが殆ど
  • 先生が選んで病院に置いているもの。効果がある程度期待出来る!

etc...

 

 

下手に素人目で選ぶよりも、皮膚科に置いてある化粧品は安心して試す事が出来るのではないでしょうか?

 

(ただ、たまに皮膚科に置いてある先生が開発したオリジナル化粧品はあんなにも高いんだろう…化粧水だけで5,000円以上するのでお財布が空になりそう…ちゃりーん。)

 

…ということで、管理人(みーたろ)も経済的で持続可能な(※重要)ニキビケア用基礎化粧品を探し続けてきました。

 

皮膚科に通う際は必ず皮膚科医に「オススメの基礎化粧品は?」と収集した情報たち。そして皮膚科で取り扱いのある化粧品を血眼で厳選・お試ししたものを今回ご紹介出来ればと思います!!

 

※ニキビになやむ管理人の使用感想とインターネット上の評判・口コミを踏まえてのランキングです。※

 

① NOV(ノブ) ACアクティブシリーズ

f:id:acneclinicinfo:20160922144707j:plain

公 式 サ イ ト

 

臨床皮膚医学に基づき開発された化粧品ブランドです。

皮膚科や薬局で一度は目にしたこともある方も多いのではないでしょうか?

ニキビになりにくい処方で、白ニキビやプツプツが出来にくいです。

パッチテストなど各種安全試験済みの化粧品なので、肌荒れを起こしている敏感肌にも使用出来ます。 

管理人コメント

管理人(みーたろ)は皮膚科医に勧められてから、ずっとACアクティブシリーズ愛用中です。劇的な効果が直ぐ現れるわけではなかったですが、緩やかにお肌が安定してニキビが出来にくいお肌になっていると実感しています…!

効果

ニキビ予防効果

ニキビの炎症を抑える効果

ニキビ跡を消す効果

  • ニキビが出来にくいノンコメドジェニック処方
  • ベタつきと乾燥の両方を防ぎ、水分バランスを整える効果
  • ニキビ跡やくすみを消す美白効果があります。

 

有効性分

リピジュア(保湿)ヒアルロン酸(保湿)セラミド3(保湿)ビタミンC・E誘導体(整肌) ビタミンB6誘導体(整肌)ビタミンB2(整肌)ビタミンE(整肌)ビタミンC誘導体(美白) など

 

詳細のレビューはこちら↓

acneclinicinfotokyo.hateblo.jp

 

 

公式ページ →  ノブ ACアクティブトライアルセット

 

 

②ビーグレン ニキビケアプログラム

f:id:acneclinicinfo:20160922144803p:plain

公 式 サ イ ト  

 

アメリカのカルフォルニア大学のブライアン・ケラー博士が独自の技術で処方している、大人ニキビ改善プログラム化粧品です。

敏感肌でも使用出来る化粧品で、ニキビを徹底予防する吸着型洗顔料が特にオススメです。

独自の浸透技術QuSome(キュソーム)で、肌トラブルの根本までしっかりと浸透・アプローチします(Qusome技術は針の先に50個程乗るくらい微細な粒子で出来ています)。

管理人コメント

お肌が不調になってきたかも…というときに週単位で使用しています。外からのケアでもしっかり浸透している安心感があります。そんな心のモチベーションも助けとなり、お肌の調子が悪くなるのを前もって予防出来るので重宝しているシリーズです。

 

効果

ニキビ予防効果

ニキビの炎症を抑える効果

ニキビ跡を消す効果

  • 低刺激、石油系界面活性剤フリー処方

  • 独自の浸透技術QuSome(キュソーム)が皮膚バリアを通過し角層奥まで浸透させ、しっかりと有効性分を抗炎症やニキビケアに活用することが出来ます。

  • 外部刺激からお肌を守り、ニキビの原因となる乾燥や毛穴の詰まりを予防します。

  • お肌本来のバリア機能を高め、炎症も同時に抑える処方です。

 

 有効性分

モンモリロナイト(吸着洗浄)アスコルビン酸(抗炎症・整肌)スクワラン(保湿)グリチルリチン酸(抗炎症)アクアタイド(保湿)アリスチン(保湿)ヒアルロン酸(保湿)など

 

公式ページ → ニキビ肌修復トライアルセット サイエンスコスメb.glen  

 

③シーボディ VCシリーズ

 

f:id:acneclinicinfo:20160922144654p:plain

公 式 サ イ ト

 

ベルメゾンやannannで紹介された化粧品シリーズで、従来のビタミンCよりも 200倍の浸透力を誇る VC200を配合しています。

ビタミンCは刺激が強いイメージですが、お肌への負担を極力減らす処方で、アルコールフリー、界面活性剤フリー、パラベンフリー、香料着色料フリーなど成分も安心の無添加処方となっています。

 

管理人コメント

どーーーしても不規則な生活やイベントなどでお肌が荒れたときの救世主としてイレギュラーに使用中。ニキビの炎症を抑える点では、かなり活用出来るシリーズです。翌朝には赤みが引いていることがほとんどなので心強いです! 

 

効果

ニキビ予防効果

ニキビの炎症を抑える効果

ニキビ跡を消す効果

  • アスコルビン酸などの「ピュアビタミンC」やAPPSなどの「浸透型ビタミンC」よりも高い浸透力・安定性を持ったVC200が、出来てしまったニキビの抗炎症は勿論、予防やアフターケアをしてくれます。

  • 毛穴の詰まりや乱れたターンオーバーを正常に戻し、ニキビの出来やすいお肌を改善する働きもあります。

 

有効性分

グリチルリチン酸カリウム(殺菌・抗炎症)プランセンタ(美白)ビタミンA(美白)ビタミンE(美白)サルチル酸(殺菌・整肌)オウレンエキス(整肌)オウバクエキス(整肌)など

 

公式ページ → VCスターターセット

 

 

まとめ

いかがでしたか?市販のものでも活性剤や添加物が多く入ったものを使用し続けると、後々後悔することもあるかもしれません。

 

私は皮膚科に通院する際は必ず「基礎化粧品はどれを使えば良いですか?」と質問しています。

 

その際にアドバイスされた「刺激が強いものNG」「添加物配合NG」「保湿をしっかりすること」「ノンコメドジェニックの化粧品」を従順に守って化粧品選びをしています。

 

そのおかげか、お肌自体も安定してきましたし、安心して皮膚科治療も受ける事が出来ました。

 

いくらお医者様にかかっていると言えど、セルフケア・ホームケアも怠る事なかれです!